わかった!小アルカナ「ワンドの5」の正位置と逆位置の意味を徹底解説!
Pocket

こちらは、小アルカナ、ワンドの5の基本的な意味を徹底解説するページです。

まず、カードの意味からご説明します。

 

ワンドの5の基本的な意味

ワンドの5は「闘い」のイラストになります。

ワンドの5のカードは、5人の人が戦っているカードになります。

5人が切磋琢磨して一つのゴールへたどり着こうしています。

 

ワンドの5の正位置での意味

ワンドの5の正位置の意味は、次の通りです。

「競争、対立、共闘、協力、好敵手、挑戦、仲間」を意味します。

お互いに競いあい刺激しあうことでより良い結果や効果がおとずれます。

周囲と衝突しながら向き合ってチャレンジすることで運気が良い方向に進みます。

ワンドの5の総合運で正位置が出た場合

本音をぶつけ合うとき。

勝負を挑まれたり、挑んだりすることになりますが、より上を目指すことでよい運気を導くことができます。

ワンドの5の恋愛で正位置が出た場合

Tarotカードの恋愛で逆位置が出た場合

あなたが複数の異性からアプローチされる。

気になる異性がいるならライバルとなりえる存在が現る

付き合っている人は、パートナーと意見が合わずに喧嘩が起こるかも

 

 

ワンドの5の仕事で正位置での意味

どの電話占いサタロットカード仕事で正位置が出た場合イトにしたらいい?

新しい仕事のコンペやオーディションに参加する

周囲との競争で、チカラが付いてより積極的になっていく

競合とプレゼンする

 

ワンドの5の逆位置での意味

ワンドの5の逆位置の意味は次の通りです。

「経験不足」「喧嘩」「対立する」「不和」「裏切り」「抗争」「策略」「口論」「トラブル」「否定」「悪化する」「優柔不断」「難解」「障害」「訴訟」「意見の相違」「熱い議論を戦わせる」「不利な戦い」「無意味な労力」「堂々めぐり」「感情論」「無意味な戦い」「本音で話す」「心の葛藤」「本音がまとまらない」「内乱」「熱が冷める」「頭の中が混乱する」「内乱」「自分の真の望みを探す

ワンドの5の総合運で逆位置が出た場合

ワンドの5の逆位置の「闘い」は、つぎのとおりです。

闘いでも足の引っ張り合いをする内覧に近い悪い闘いになる。

周囲との喧嘩やトラブルが耐えず事態が悪化し、足の引っ張り合いになる。

闘いの最中の場合、終わりを迎えることができる。

戦いの前の場合、キャンセルとなることがある。

 

ワンドの5の恋愛で逆位置が出た場合

Tarotカードの恋愛で逆位置が出た場合

パートナーの自己中心的な対応やわがままを言われる。

パートナーとの喧嘩で気持ちが整理できてない状態で関係が悪化する。

結婚相談所でパートナー選びで妥協してえらぶ

ワンドの5のタロットカード仕事で逆位置が出た場合

 

経験不足から大事な勝負に負けてしまう。

ライバルの悪質な妨害でやる気を失ってしまう。

立場が悪かった場合、良くなり

立場が良かった場合、悪くなりやすい。

 

まとめ

ワンドの5は、「闘い」のカード。

ワンドの5は、「闘い」のカード。

戦いに対しての姿勢を表しています。

ワンドの5の正位置なら「ライバルと一緒に切磋琢磨して前に進むこと」ができます。

そして、逆位置なら、ライバルや周りから悪質な妨害を受け入れてしまうような状態です。

正位置は、なかなか良いカードです。

逆位置が出たら、まずは冷静に状況を整理して問題の根本を見つけてみると良いでしょう。

 

おすすめの記事