わかった!小アルカナ「カップの6」の正位置と逆位置の意味を徹底解説!
Pocket

こちらは、タロットカードで使用する小アルカナ、カップの6の基本的な意味を徹底解説するページです。

まず、カードの意味からご説明します。

 

カップの6の基本的な意味

カップの6は「思い出と哀愁」のタロットカードになります。

カップの6のカードは、過去を思い出し、優しさ、思いやり、そして幸せだった幼年時代の記憶を思い出すという意味です。

カップには花がいっぱい飾られているのは、過去を振り返ると美化しがちなことを表しています。

また、子供は、純粋だったあの頃の愛や思いやりを純粋さを表しています。

さらに、年上の少女が小さい少女にカップを渡しているように、上司にアドバイスを受けたり、年上の人からの助けを受けることも表しています。

カップの6のカードは思い出と哀愁のカードであるため、多少の過去志向的な傾向を表しています。

過去ばかり考えてしがみついても発展はないたことを示していたりもします。

カップの6の正位置での意味

カップの6の正位置の意味は、次の通りです。

「思い出」「旧友」「同窓会」「懐古」「郷愁」「故郷」「哀愁」「過去」「昔話」「過去の恋愛」「追憶」「田舎」「実家」「育った環境」を意味します。

 

カップの6の総合運で正位置が出た場合

正位置のカップの6のカードは子供時代の記憶、そして過去に焦点を当てています。

あなたは過去の出来事に影響されたり、過去を思い出していたり、あなたの過去の誰かについて考えたりしているかもしれません。

正位置のカップの6のカードは、シンプルさ、遊び心、無邪気さ、そして共有を意味します。そして保護と家族を表すこともできます。

もし、あなたが困難な時を経験しているならば、家族や親しい友人から支援を受けるように言っているかもしれません。

それはまだあなたが幼稚であるか未熟であることを示すことができます。

 

また、海外や遠方に住んでいる人にとってのホームシックや幼児虐待を意味する場合もあります。

カップの6の恋愛で正位置が出た場合

初恋の気持ちを思い出す。

子供のように純真な好意を抱いていますが、恋愛感情は抱いていないという可能性がある

 

カップの6の仕事で正位置での意味

家族のようなアットホームな職場。

恩師や元上司と再会する。

仲間に支えられて成功を収める。

カップの6の逆位置での意味

カップの6の逆位置の意味は次の通りです。

「現実逃避」「ホームシック」「むなしさ」「寂しさ」「執着」「将来」「成長」「新しい気持ち」「挑戦」「未来」「前進」「希望」「可能性」を意味します。

カップの6の総合運で逆位置が出た場合

カップの6の逆位置は、現実逃避をして過去にしがみついている状態です。

子供の頃の仲間や恋人との時間を美化して昔はよかったと現状を嘆いたりします。

 

前に進めない状態なので少し休んでから、現実を少しずつ見て向き合っていくことをおすすめします。

もしくは、過去を手放すことと未来へ進む準備ができていることを意味しています。

成長していること、より成熟していること、または家を出ることを表しています。

また、逆位置のカップの6のカードは、幼年期の問題や幼稚性を手放すことを示しています。

 

逆位置には、正位置が過激化したものと正位置の逆の意味愛のどちらかがしめされます。

相手の現状をみて判断してください。

カップの6の恋愛で逆位置が出た場合

過去の出来事を引きずる

新たな出会いに気づかない

カップの6の仕事で逆位置が出た場合

創造性がなく他人任せ。

言われたことだけやる

失敗から成功への道を見つける。

まとめ

タロットカードのカップの6は、「思い出」のカード。

あなたは、昔懐かしい思い出にひたれる出来事が訪れます。

カップの6の正位置なら、初心に返って一度見直してみてはいかがでしょうか。

またこれまでの過去を振り返ってから前に進むのがいいかもしれません。

 

逆位置なら、過去への栄光にしがみついている可能性があります。

このままでは成長が見込めないので一度たちどまって今後の可能性について考え直してみるのが良いでしょう。

おすすめの記事